東京・埼玉・群馬・関東近郊のお仕事(事務・経理・資格・秘書・工場・接客・販売)のことならロフティーへ!

Lofty

総合人材サービス

株式会社ロフティー

  • 求人を検討している企業様へ
  • 新規会員登録
  • ログイン
03-3501-8830
会社概要

履歴書の書き方

履歴書は、あなたのプロフィールを企業に知ってもらう重要な書類です。
派遣で働いた期間の書き方や、 志望動機のまとめ方など、
作成するうえで知っておくべきことをまとめました!

書く前の心構え

誤字・脱字はNG!ていねいに、心を込めて書く

雑に書かれたものは、ひと目でわかります。「文字は人を表す」と言いますが、急いで書いたばかりに印象を悪くしてしまうのは、もったいないとしか言いようがありません。上手でなくても構いませんので、ていねいに、心を込めて書きましょう。

誤字・脱字にはよく注意しましょう。もし間違えてしまった場合は、面倒でも書き直して下さい。修正テープや修正液を使用するのはあまりおすすめできません。また、訂正印を押しても意味がありません。一度下書きをしておいて、それを見ながら書く等は失敗を防ぐのに有効です。

履歴書の日付は、記入日ではなく提出日を入れます。「何月何日現在」と履歴書に記されていることが多いですが、提出される側にとっては、履歴書を提出された日が「現在」だからです。

写真は必ず貼付します。履歴書の写真から意欲や性格を読み取ろうとする担当者は少なくありません。服装や表情でも印象は変わりますので、注意が必要です。笑顔は望ましくありませんが、伏し目だと暗い印象を与えてしまいます。できるだけ目は見開き、口角を上げたほうがベターです。プリクラ写真はもちろんNGです。

学歴・職歴の書き方

学歴・職歴の書き方

歴や職歴を書く際は、正式名称で記入しましょう。「◯◯高等学校」を「◯◯高校」に、「株式会社◯◯」を「(株)◯◯」にするなど、略称を使ってはいけません。学校の場合は県立・市立・私立も忘れないようにしてください。履歴書はあなたの経歴を記した正式な書類ですので、そこに記す固有の名称はすべて正式なものにするのが、基本的なマナーです。もちろん、入学・入社と卒業・退職の年月も間違えないように注意しましょう。

なお、派遣スタッフとして勤務していた会社名(派遣先企業)は、機密情報保持契約が結ばれていた可能性もありますので、明記しないほうが無難です。そのとき登録していた派遣会社を記入し、「メーカーの品質管理部門で検査担当(平成◯年◯月まで)」など業種と担当職種がわかるようにします。派遣元の会社名を伏せたい場合は、「派遣スタッフとして」を頭に付ける形でも構いません。

パートやアルバイトの場合も、希望職種・業界と関連があれば記入しておいたほうがベターです。もし、就職経験がなければ、希望職種・業界に関係がなくてもアルバイト経験は記入しておきましょう。

免許・資格の書き方

趣味・特技の資格は、話のタネになる可能性も

免許・資格も正式名称で記入してください。普通自動車免許は「普通自動車第一種運転免許」と書くのが正解です。正式名称がわからない場合は、インターネットで調べましょう。もし、受験しようと思って勉強している資格があれば、「◯◯の資格試験受験を目指して勉強中」などと記せば、あなたの志向をアピールすることができます。

社内資格など、一般的ではない資格も記したほうがベターです。ただし、いくら希望職種・業界と関連していても、一般的な資格よりも上に書くのは避けましょう。その社内でしか通用しないので、あくまでも「参考資格」として付け加えるという形にしてください。

なお、「◯◯検定」のような趣味・特技の資格は、履歴書には不向きだと思われるかもしれません。しかし、何も資格を持っていなかったり、空欄が目立ったりする場合は、記入したほうがいいでしょう。「何かに熱心に取り組んだことがある」ことのアピールとなるからです。面接のときに、担当者が興味を持ってくれて話が盛り上がることで、あなたの人間性をより深く知ってもらえるきっかけともなりますし、あなた自身が気付かなかった能力を引き出してもらえるかもしれません。

志望動機の書き方

志望動機は具体的に!ありきたりな表現は避ける

派遣スタッフの場合は、派遣という働き方を選んだ理由を記しましょう。そのうえで、希望職種・業界とその理由を記します。その職種・業界の経験やスキルがあれば記入を忘れないようにしてください。

インターネットで調べれば文例はいろいろ出てきますが、そのまま使用するのはおすすめできません。できるだけ具体的に、自分の気持ちを表現するのがポイントです。採用担当者が知りたいのは、どのくらいの熱意、やる気を持っているかということです。ありきたりな言葉できれいにまとめても、気持ちは伝わりません。多少不格好な文章だとしても、自分の気持ちを具体的に表現することをおすすめします。

本人希望欄の書き方

希望条件は遠慮せず、できるだけ詳しく書く

本人希望欄には、希望職種と勤務開始可能日、希望する条件などを記します。前職に在職中である場合は、「現在の勤務先を◯月◯日に退職予定」などと付け加えておきましょう。

勤務時間を希望する場合は、できるだけ具体的な理由を添えます。「最初から個人的な事情を言うのは気がひける」と思う必要はありません。就業後に事情が変わらないのであれば、先にきちんと伝えるのがマナーです。後から「実は…」と伝えると、迷惑をかけてしまう可能性が高いので、正確に伝えましょう。

時給の希望額がある場合は、やはり遠慮せずにきちんと記しておきましょう。就業が決まってから「その金額ではできない」と言っても通りません。もちろん、その希望額が叶えられるかどうかは別問題ですが、希望額を伝えておけば少なくとも話し合いをすることができます。金額に不満を残したまま働いたとしても、決して長続きしません。面倒な話は事前に終えておくのが、トラブルを未然に防ぐコツですので、覚えておきましょう。

たとえば正社員を目指している場合は紹介予定派遣を希望するなど、他の条件もできるだけ書いておいたほうが良いでしょう。ただし、希望欄ばかりが充実していて志望動機欄の内容が薄いのは印象が良くありません。双方とも、採用担当者がもっとも注意して目を通す部分ですので、事前にしっかりと下書きをしてから履歴書に書き始めることをおすすめします。

会員登録をするとあなたにあった求人情報をご紹介 気になる求人を検討中リストに保存できます!

お役立ちコンテンツ

履歴書の書き方
仕事を始めるための最初のステップは履歴書を書くこと!ちゃんと書けてる?
業界知識の学び方
初めて働く業界についてどうやって 勉強すればいいの?という声に最適 な方法をレクチャー
  • 障がい者就労支援「チャレジョブ」
  • チャレジョブセンター
  • 求人を検討している企業様へ