東京・埼玉・群馬・関東近郊のお仕事(事務・経理・資格・秘書・工場・接客・販売)のことならロフティーへ!

Lofty

総合人材サービス

株式会社ロフティー

  • 求人を検討している企業様へ
  • 新規会員登録
  • ログイン
03-3501-8830
会社概要

業界知識の学び方

希望職種であっても、まったく知らない業界に派遣されることがあります。
そんな時に備えて、就業前にある程度の業界知識を得ておきたいものです。
短時間で業界知識を学ぶコツをご紹介します。

3つのポイント

1、就業先企業のホームページをチェック
2、採用コンテンツを見る
3、関連資格の参考書
 
まずは就業先企業のホームページをチェック

就業先の企業が決まっているのであれば、まずはその概要を把握しましょう。その企業のホームページがあれば、必ずチェック。トップページを見れば、どのような事業を行っていて何を"売り"にしているのかがわかります。

各コンテンツも一通り目を通しておきましょう。わからない用語がたくさん出てくると思いますので、それをメモしておきます。ひとつひとつ検索して調べるのがベターですが、どうしても時間がかかってしまいますので、まずは全体に目を通します。

ホームページを開設していない企業の場合は、同じ業界の企業のホームページに目を通しておくだけでも参考になります。

採用コンテンツにはわかりやすい情報がある

各コンテンツの中で、必ずチェックしておきたいのが採用コンテンツです。特に、新卒採用のコンテンツがある場合は、「自分に関係ない」と思わずに目を通しましょう。新卒の場合、社会人経験がないわけですから、業界の知識がないのは企業側も十分理解しています。逆に言えば、「わかりやすく自社の概要を説明する」ことに力を注いでいますので、理解しやすい内容となっていることが多いのです。こちらを見たあとに、事業内容のコンテンツを見直すと、より理解が深まるでしょう。

関連資格の参考書を

もし、余裕があれば、その業界で必要な資格の参考書に目を通すのがおすすめです。「資格までは取得するつもりがない」、と思われるかもしれません。確かにそのとおりですが、少し考えてみてください。資格を取得するには、それに関連する知識をまんべんなく得る必要があります。そのため、参考書には知るべきことが体系的にまとめられており、業界知識を効率的に学ぶには絶好の資料なのです。

知識をある程度得てから就業すれば、就業先企業の人からも喜ばれることは間違いありません。「業界未経験だと聞いていたけど、詳しいじゃないですか」と言われたら、しめたもの。「実は参考書を読んできたんです」とさりげなく伝えるだけで、意欲のある人だと認められたも同然です。

もちろん、少し学んだだけで業界知識がすべて得られるわけではありません。「わからないことは、きちんとわからないと言う」のが、働くときのセオリーです。たとえある程度知識を得ていたとしても、企業によって仕事の進め方や考え方はまったく異なります。謙虚な気持ちを持ちつつ、しかし事前にある程度の「予習」をしておくのが、派遣スタッフとして大切な姿勢だということを、忘れないようにしてください。

会員登録をするとあなたにあった求人情報をご紹介 気になる求人を検討中リストに保存できます!

お役立ちコンテンツ

履歴書の書き方
仕事を始めるための最初のステップは履歴書を書くこと!ちゃんと書けてる?
業界知識の学び方
初めて働く業界についてどうやって 勉強すればいいの?という声に最適 な方法をレクチャー
  • 障がい者就労支援「チャレジョブ」
  • チャレジョブセンター
  • 求人を検討している企業様へ